2005年09月27日

アンタッチャブル柴田、結婚。

アンタッチャブル柴田 年内にパパ

 お笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣(30)が結婚することを26日発表した。所属事務所を通じてマスコミ各社にファクスで「10月1日に入籍する運びとなりました」と報告。関係者によるとお相手はダンサーなどをしていた24歳の女性で、7年ほど前にテレビ番組で知り合い交際をスタート。女性は妊娠中で、年内に第1子が誕生する予定。挙式予定はなく「幸せな家庭をつくっていきたい」としている。

 27日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)によると、女性は昨年にも一度妊娠したが、柴田の頼みで堕胎。今年に入って再び妊娠した。結婚を前提に広い部屋に引っ越す直前に柴田が「やっぱり結婚できない」と一緒に暮らすマンションを出たこともあった、と報じている。「アンタッチャブル」は若手漫才コンビの日本一を決める「M―1グランプリ」で昨年末に優勝し、現在レギュラー番組12本を抱えている。

(スポーツニッポン)


 アンタッチャブル柴田ってかなりいいかげんな男だね。
 「週刊女性」の記事は信憑性が高いことが証明された恰好だ。つまり週刊誌の記事が出て結婚に踏み切った感じだもんね。妊娠6ヵ月になって入籍するなんて通常ありえない。
 一度堕ろさせておきながらまた妊娠させて、さらに逃げようとする。男として、いや、ひとりの人間としてサイテーだ。
 結婚はしたものの、売れっ子芸人だし、遊びまくって結局捨てるんだろうなあ。

 相手の女性へ。慰謝料、養育費だけはきっちりがっぽりもらいましょう。













posted by マスター at 14:42| Comment(36) | TrackBack(6) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

「女王の教室」最終回20%超え。

日テレ「女王の教室」最終回視聴率25.3%

 日本テレビが17日に放送した連続ドラマ「女王の教室」の最終回の視聴率が25.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を獲得した。同ドラマでは初の20%超えで、今クールのドラマの中では、今のところ最高の数字を記録。

 ドラマは女優、天海祐希(38)演じる小学校の“鬼教師”に立ち向かう児童を描く。内容の過激さにスポンサーの降板が取りざたされるなど、話題になるドラマだった。

 視聴率は初回14.4%から最終3話でジワジワと上がり、最終回では、一気に5.6ポイントも上昇した。

(夕刊フジ)


 すごいなあ、25%もいったんだあ。
 最近のドラマの中では断トツの出来だったね。私は第1回を見たときにこれはおもしろいドラマになりそうだと確信してたけど。
 同時期にやってた「ドラゴン桜」と比べてみると、「女王の教室」のほうが深い内容になっている。
 「ドラゴン桜」はうすっぺらだ。決定的なものが欠けている。いろいろもっともらしいことを描いていたけれど、所詮「受験テクニック」の紹介にすぎない。
 
 それにしても、初回と最終回の差が10%もあるのはどうなのだろう。最初から見てないと本当の意味でこのドラマのおもしろさを理解できないと思うのだけれど。最後のほうしか見てない人の感想はいかに……。










posted by マスター at 19:10| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。